神田昌典氏が提唱するPASONA(パソナ)の法則とは?

Pocket

PASONA(パソナ)の法則とは、

神田昌典氏が推奨する広告文の文章構成の一つで、

多くのSL(セールスレター)やDM(ダイレクトメール)などで利用されています。

 

PASONAとは、各頭文字をとって以下のように構成されます。

 

P→Problem(問題):問題点を明確化する

「あなたはこんなことで悩んでいませんか?」

 

A→Agitation(扇動):問題点を煽り立てる

「その悩みを放っておくと、こんな恐ろしいことになりますよ」

 

SO→Solution(解決策):解決策を提案する

「その悩みを解決する方法がありますよ。それはこのようなものです」

 

N→Nallow Down(絞込):限定性、緊急性を出す

 「ただし期限は○日までです」

 

A→Action(行動):行動を起こさせる

 「今すぐお申し込みください」

 

上記のような流れでセールスレターやダイレクトメールを作成することで、

読者を効果的に購入へと促すことができます。

 

特に不安や悩みを解消するタイプの商品を売るときに向いています。

 

売れている商品のセールスレターやダイレクトメールの文章を見てみると、

このように法則化された構成になっていることが分かります。

 

セールスレターやダイレクトメールの書き方がよく分からない場合は、

色々なレターを研究し参考にしてみるといいかもしれません。

 

セールスレターは基本的に誰にでも分かるような

簡単な言葉で書く必要があります。

 

また、面白くて興味を持たれるような

内容にしなくてはなりません。

 

どんなに素晴らしいセールスレターを書いても、

つまらなく誰にも読まれないようでは

何の意味もありませんので。

 

 

 

【関連記事】

小売の輪の原理、市場が飽和したら付加価値をつけて差別化をはかる

 

 

 

♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~♪

 

私は毎日毎日、朝から晩まで会社に拘束されて忙しく働く中で、

たった1度の人生なのに、このままで良いのだろうかと疑問を持つようになりました。

母を若くして亡くしていることもあり、時間がもったいない!!

もっと時間にも心にも余裕をもって自由に生きたいと思い会社を辞めました。

そして知識も人脈もゼロの状態で、インターネットビジネスで起業しました。

今ではパソコン1台で月収300万以上を稼いでいます。

怪しく聞こえるかもしれませんが事実です。

正しく学べば誰でも、自由もお金も手に入れることができます。

私YUKIの現在に至るまでの過程を、下記のレポートで公開してます。

 

YUKIの自己紹介レポート

 

 

誰もが自由に生きるための戦略・思考をメルマガで配信しています。

ご登録は下のハートマークをクリックして下さい。

 

Pocket

コメントを書く