恋愛の色彩理論、あなたの恋愛スタイルはどれですか?

Pocket

前回の記事

「恋愛の色彩理論によると、恋愛のタイプは6つに分けられます」では、

恋愛のタイプは、

エロス、マニア、ルダス、プラグマ、ストルゲ、アガペの6つ分けられます。

というお話をしました。

 

 

恋愛の6タイプ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

図のように、それぞれが6角形の頂点に位置し、

隣り合わせのタイプ同士は、相性が良いとされていますが、

対極に位置するタイプ同士は、相性が悪いとされています。

 

 

ルダスとアガペ、プラグマとエロス、マニアとストルゲは

それぞれ対極に位置しているので、

互いに相手の恋愛を理解できないと考えられています。

 

例えば、恋愛をゲームと考えるルダスにとっては、

奉仕的なアガペの恋人はうっとうしく重荷に感じ、

つきあっても楽しいと感じられないことが予測されます。

 

また恋愛を道具に使うプラグマと一目ぼれタイプのエロスや

穏やかなストルゲと強烈なマニアも互いに理解しがたいと思われます。

 

つまり、対極の恋愛タイプを持つもの同士は相性が悪いといえます。

 

 

さらに、この恋愛の6タイプには、男女で差があります。

 

結論から言うと

男性はアガペ(奉仕的な愛)の傾向が強いのに対し、

女性はプラグマ(利益を追求する愛)の傾向が強いです。

 

これは、男性の恋愛は相手を中心に関係が形成されますが、

女性は自分の利益を中心に恋愛関係を展開させているということです。

 

このような男女差の理由としては、

女性は結婚相手によって地位や収入が決定されてしまう場合が多い。

ということが挙げられます。

 

つまり女性にとって結婚は重要な出来事であり、

結婚に結びつく恋愛も重要な問題となるということです。

 

よって女性は恋愛の進展に対して、

男性よりも慎重で防衛的な態度をとりやすくなるため、

プラグマ(利益を追求する愛)の傾向が高くなってしまうのです。

 

これらのことから判断すると、男性は恋愛にのめり込みやすく、

恋愛に対して理想主義的に考える傾向が強いのに対し、

女性は感情に流されず、現実主義的に恋愛を進める傾向が強いと考えられます。

 

 

これらの結果は、あくまでも先行研究をもとに、

私が慶應通信時代に卒論のテーマとして調査した結果であり、

絶対ではないということをご了承ください。

 

 

【関連記事】

ラベリング理論とは?血液型と性格の関係性に科学的根拠はありません

恋愛のつり橋効果!!相手をドキドキさせるだけで、あなたの恋は必ず上手くいく

出会える!!安心安全おすすめ優良出会い系サイト

最新版!!おすすめの出会い系サイト厳選3選

 

 

 

 

♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~♪

 

私は毎日毎日、朝から晩まで会社に拘束されて忙しく働く中で、

たった1度の人生なのに、このままで良いのだろうかと疑問を持つようになりました。

母を若くして亡くしていることもあり、時間がもったいない!!

もっと時間にも心にも余裕をもって自由に生きたいと思い会社を辞めました。

そして知識も人脈もゼロの状態で、インターネットビジネスで起業しました。

今ではパソコン1台で月収300万以上を稼いでいます。

怪しく聞こえるかもしれませんが事実です。

正しく学べば誰でも、自由もお金も手に入れることができます。

私YUKIの現在に至るまでの過程を、下記のレポートで公開してます。

 

YUKIの自己紹介レポート

 

 

誰もが自由に生きるための戦略・思考をメルマガで配信しています。

ご登録は下のハートマークをクリックして下さい。

 

Pocket

コメントを書く